保育士のコミュニケーション

保育士という仕事は、他の仕事と大きく異なる特徴を持っています。最初から保育士になろうとして勉強を続けてきた人は、他の仕事との比較をあまりすることがありませんが、他の仕事から保育士に転職しようとしている人は、注意しなければなりません。一般的な仕事では、やり取りをするのが大人です。しかし、保育士は子どもを相手にすることが基本となるため、コミュニケーションの取り方が変わってきます。

大人を相手にしているのと同じように行動すると、子どもが不安な気持ちになる場面が出てきてしまいます。子どもの気持ちを第一に考えて行動することが、保育士に求められていることなのです。大人相手の仕事を長く経験していた人にとって、子ども相手のコミュニケーションというのは難しいものです。焦らずに慣れていくしかありません。特に、何かあった時に怒鳴ってしまうという対応は禁物です。

保育士には、子どもに対して寛大な態度で接することが求められています。ただし、子どもを甘やかすということではありません。子どもが何か問題のある行動を取った場合、しっかりと正しいことを教えていくことが必要です。その際の教え方が難しいため、しっかりと考えなければならないのです。